【浅草寺】浅草雷門前…三社祭、浅草サンバ、隅田川花火大会

深井整骨院

∞ ∞ ∞ スリムフリー浅草雷門 ∞ ∞ ∞

− ぶらり…義理と人情の下町浅草のご紹介 −


深井整骨院☆スリムフリー浅草雷門へ
雷門

この「雷門」(かみなりもん)は、100年近い長き間、幻の存在でした。
金龍山浅草寺の正面の入口、最初の門は平公雅によって浅草寺の総門として942年(天慶5)に建てられました。数度の火災による焼失にみまわれ、その度に再建がなされてきましたが、1635年(寛永12)徳川家光によって建てられた門は、右に「風神」左に「雷神」を安置してあったことから正しくは「風雷神門」と称します。それが江戸っ子たちに略されて「雷門」と呼ばれるようになりました。
1865年(慶応元)の火災に遭って以来、1960年に再建されるまで、95年間のあいだ「雷門」は、幻の存在だったことになります。現在の雷門は、鉄筋コンクリート製で、松下電器の松下幸之助氏の寄進で、昔の姿そのままに再建されています。

雷神
風神

宝蔵門

浅草寺の宝物殿

当初は、仁王を納めていたところから仁王門と言われ、平安時代の中期から建てられていたと伝えられる。1649年(慶安2)に家光によって、本堂などと共に木造では最後の楼門が建築されました。 昭和20年(1945)の空襲で本堂と共に焼失したが、ニューオータニホテルの大谷米太郎氏の寄進で復興されたのは昭和39(1964年)です。

浅草寺の宝物の収蔵庫になっているため宝蔵門の名前がついています。門全体の大きさは高さ22.7m、間口21m、奥行き8m。

宝蔵門の大わらじ

仁王様の大わらじ

宝蔵門の北面の両側に「浅草名物」のひとつ「大わらじ」がかけられています。片方だけの大きさが長さ4.5m、巾1.5m、重さ400kgもある大きなものですが、お参りが済んだ帰り道なのでうっかりすると見落としてしまいます。このわらじは村岡氏の出身地山形県村山市の「奉賛会」から奉納されたもので現在のわらじは平成10年に新しく奉納されたものです。
宝蔵門に安置されている仁王像は彫刻家村岡久作(右の吽形像)・錦戸新観両氏が大相撲力士をモデルに制作したものです。


【天白薬品】 コンドーム通販、避妊具、メーカー品各種 安心の薬局価格 全国送料無料

深井整骨院☆スリムフリー浅草雷門

◆主な施術…手技療法・物理療法・運動療法・テーピング療法など

骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷、スポーツ外傷、障害、関節拘縮、強直、骨折後のリハビリ、筋肉の痛み、腱の痛み、関節の痛み、寝違え、肉離れ、ギックリ腰、ムチウチ症、突き指、打ち身、首の痛み、肩の痛み、背中の痛み、腰の痛み、股関節の痛み、肘の痛み、手指の痛み、膝の痛み、足の痛み、手の痺れ、足の痺れ、テニス肘、腱鞘炎、アキレス腱炎、肩こり、四十肩、五十肩、更年期障害、眼精疲労、整体、骨盤矯正、坐骨神経痛、ヘルニア、神経痛、生理痛、冷え性、クーラー病など。

●有機ゲルマニウム温浴、耳つぼダイエット、サプリメント

〒111-0034 東京都台東区雷門1−8−3 TEL 03−3844−5280

深井整骨院 お問合わせメールフォーム