耳つぼダイエット資格取得セミナーのご案内
耳つぼ技術習得セミナー全国に出張中!(出張費無料)ご希望日に合せて耳つぼ技術習得の出張セミナーに伺っております(全国出張費無料)

日本痩身医学協会会員
スリムフリー浅草雷門
東京都台東区雷門 1-8-3
電話 03-3844-5280 (代表)
FAX 03-3842-5280
耳つぼセミナーのお申込、資料請求、ご相談フォーム

耳つぼダイエットメニュー
耳つぼダイエットのご案内
スリムフリーグループご案内
フォローセミナーのご案内
システムの流れ
耳つぼよくある質問
リンクについて
 ご感想・お問合せ
  耳つぼダイエットの歴史

昆虫の触覚=耳

人の身体の中で、『耳(みみ)』とは何でしょう?
「耳」は、己の生命を守るため、周囲の状況を「音」で判断する器官です。この耳は、昆虫の触覚にあたる部分でもあります。生命の維持、子孫の繁栄に欠くことの出来ない大切な臓器のひとつであることは語るまでもありません。

耳ツボを使った治療法には、中国における耳針療法から発祥し、紀元前4〜2世紀の書物である「内径」の中で早くも耳はひとつの器官ではなく、耳は全身各部及び五臓六腑と密接な関係があるものと考えられています。

耳のつぼ その中で十二経脈の中のすべての陽経及びそれに属するツボの運行経路は皆耳を通ることを指摘している。以来耳ツボがさまざまな病気の治療に応用され、またその研究も盛んに行われる様になり、あるいは、経験上の民間的な治療も加わり発展し体系化されてきました。

近代に至っては、中国における耳針療法の研究が盛んな中、1957年フランスのP.Nogier(ノジェ)氏は針灸療法を学ぶ基礎の上で耳部と人体の各部の関連に対して精密な観察をし、臨床に応用して耳穴の部位を増やし開発した耳介療法を発表しジュネーブのIHO(国際健康機構)において耳ツボの規格化が行われるまでに至っています。

IHO(世界健康機構)が耳つぼの規格化

近代に至っては、中国における耳針療法の研究が盛んな中、1957年フランスのP.Nogier (ノジェ) 氏は針灸療法を学ぶ基礎の上で耳部と人体の各部の関連に対して精密な観察をし、臨床に応用して耳穴の部位を増やし開発した耳介療法を発表しジュネーブのIHO(国際健康機構) において「耳ツボの規格化」が行われるまでに至っています。

20年の実績と信頼

日本痩身医学協会では、以上のような優れた研究の蓄積をもとに「耳つぼ痩身法」で20年にわたる実績と信頼を築き上げてまいりました。『ヘルシー耳ツボダイエット』は、日本痩身医学協会が認定するその技術と知識を習得した熟練したプロだけが自信を持って施術を行っております。



Copyright (C) 2008 スリムフリー浅草雷門 All Rights Reserved.
スリムフリーグループ 耳つぼダイエット資格取得セミナー