当院は、国内で最大級の痩身技術を誇る日本痩身医学協会に属するスリムフリーグループの会員です。

深井整骨院 スリムフリー浅草雷門


平日 午前9時〜午後1時、午後2時30分〜午後7時30分
土曜 午前9時〜午後3時
休診 日曜・祝日  ※台東区委託休日診療実施院
〒111-0034
東京都台東区雷門1−8−3
03−3844−5280
深井整骨院 スリムフリー浅草雷門 ヘルシー耳ツボダイエット サプリメント 有機ゲルマニウム温浴 耳つぼ痩身セミナー ダイエット相談室 お問い合わせ

石炭の研究から大発見

大きく開かれた運命の扉

医学の分野で世界に知られる日本人と言えば、野口英世や鈴木梅太郎が有名ですが、浅井一彦工学博士の業績を忘れることはできないでしょう。

それは、それまで見過ごされていた「ゲルマニウム」という物質の「不思議な力」に気が付いて研究に没頭、試行錯誤の末、遂に世界の人々を救うことになる「有機ゲルマニウム」の開発に到達したのです。

はじめ、浅井博士は科学畑ではなく東大の法学部で学んでいましたが、1934年に民間企業のドイツ駐在員としてベルリンに赴任したことが、「運命の扉」を大きく開くことになったのです。

ゲルマニウムとの出会い

現地でノイローゼで苦しむようになった浅井博士を、ドイツの友人がエッセン市の石炭採掘現場に案内したことも運命的な出来事でした。浅井博士は、そこで働く工夫の姿に感動し、自分を見つめ直し、ついに会社を辞めて石炭の研究に没頭する人生の道を選んだのです。

そして、1943年には独力で現地の工業大学冶金工学科を卒業、工学研究所で当時の産業資源として有望だった「石炭」の研究に没頭する日々をおくるようになりました。そして、この「一大転身」が、石炭にわずかに含まれる半導体である「ゲルマニウム」と深く結ばれる奇縁となったのです。

一方、ドイツが1945年5月に敗戦、その7月に追われるように帰国した浅井博士は、戦後日本の復興の礎となる「石炭産業」の担い手として新たな一歩を踏み出しました。当時、資源の乏しい日本にとって輸入に頼らずに国内生産出来る石炭は、当時のエネルギー資源として、化学工業資源として、とても重要な役割を負った貴重な物質だったのです。

ドイツ軍、第二次世界大戦当時の映像