アロエの歴史
 
Google サイト内検索
スリムフリー
浅草雷門

前頁へ戻る深井整骨院へ

ジュースアロエQ&A健康食品のススメ補助食品の役割スリムフリーグループ

@ 紀元前から利用されてきたアロエ

最も古いアロエについての記録は、ピラミッドに置かれていた古代エジプトの医学書『エーベルス・パピルス』に記述されています。

この医学書にはアロエを使った数多くの処方が記述されてます。この医学書が記述されたのは、紀元前1550年頃であるといわれ、既に今から約3500年前にはアロエが利用されていて庶民の間ではそれ以前から使われていたそうです。

紀元前1世紀頃には、ローマ皇帝、ネロの侍医のディオスコリディスが『ギリシャ本草』を著して、いろいろな病気に対する具体的なアロエの処方を挙げ、アロエが様々な病気に効く万能薬であると記述されています。

『新約聖書』にもアロエは登場します。キリストの埋葬で、アロエとヤブ人参を混ぜたものを塗ったという「ヨハネ伝」もあります。

紀元前4世紀頃、アレキサンダー大王の健康維持と将兵たちの健康維持に、東アフリカのソコトラ島でアロエ栽培を行なったといわれてます。

               

A ヨーロッパからアジアへ

その後、ヨーロッパで広くアロエの効用が認められるようになり、12世紀にはドイツ薬局方に記載されるようになり、アロエの効用がドイツの法令によって公認されました。

そしてアロエは、シルクロードを経て中国へと伝えられ、中国ではアロエのことを「蘆薈(ろえ)」といい、漢方医学の父といわれる李時珍の著書『本草網目』にも登場します。
その本の中で蘆薈(ろえ)は、医学的に有用な植物と認めた上で、「色黒く木のヤニのようなもの」と記されているところをみると、当時から中国には今のアロエ汁を固めたものが伝えられて愛用されてきたようです。

B 日本への伝来

我が国にアロエが伝えられたのは、鎌倉時代とも室町時代とも言われていますが、江戸時代にアロエのことを蘆薈と言われていたことからアロエが中国から伝わったことは間違いないところです。アロエは植物としてではなく薬品として伝えられたと思われます。

これは、小野蘭山の『本草網目啓蒙』や、貝原益軒の『大和本草』にみられる挿画が、いずれも想像上の草姿に描かれていることでもわかります。

同じ頃、日本にポルトガルの宣教師もアロエを持ってきました。そのアロエはキダチアロエだったといわれています。その後、キリスト教の布教とともに全国に普及し、一部の地域に根をおろして繁殖したものと考えられます。

C 民間医療の市民権を得るまで

明治時代に入りドイツ医学の導入などもあって医療制度が整備され、明治19年日本薬局方が制定されました。アロエは蘆薈の名で当初から日本薬局方に登録されていました。

戦後は、アロエの薬理作用が世界の学者によって解明されてきました。

キダチアロエは、日本の気候風土に合った品種として独特の特性をもち、と並んで抜群の病理効果があると証明されました。特に昭和44年、アロエには「ガンの抑制効果」があることが日本人医学者によって発表されて以来、アロエの人気は一層高まります。

このようにアロエは、俗に「医者いらず」と呼ばれ、現在に至るまで親しまれてきた訳です。


∞ ∞ ∞ スリムフリー浅草雷門 ∞ ∞ ∞
スリムフリー浅草雷門 当院は、全国最大の痩身指導を誇る 日本痩身医学協会 に属する スリムフリーグループ の会員です。

fukai banner 深井整骨院 お問合わせメールフォーム
カウンタ