東京都柔道接骨師会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-11-6
東京都接骨師会館内
TEL 03-3815-0811 FAX 03-3815-1258

 
安心のマークです。東京都柔道接骨師会のシンボルマーク 社団法人 東京都柔道接骨師会(柔道整復師会)は、地域社会の接骨院・整骨院(ほねつぎ)の諸先生方が加入している公益法人です。骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのケガの手当てをするにあたり必要な療養費の申請業務や、東京都から委託を受けて資質向上のための講習会開催などの公益事業を行っています。また、都民の健康と安全を守るため防災(災害)協定の締結や各種救護活動を実施し、柔道の指導を通し青少年の健全な育成も行っております。
目黒区支部
名称 住所 電話
長森接骨院 153-0064 東京都目黒区下目黒3−19−12 03-5721-2660
駒場整骨院 153-0041 東京都目黒区駒場3−11−7 03-5465-7520
天承整骨院 152-0011 東京都目黒区原町1−10−14 03-3791-3939
五健整骨院 152-0011 東京都目黒区原町1−15−3 03-3793-8860
横山整骨院 153-0051 東京都目黒区上目黒2−43−9 03-5722-0338
さいとう接骨院 153-0051 東京都目黒区上目黒3−6−12 03-5722-9438
ひまわり接骨院 153-0051 東京都目黒区上目黒4−22−6 03-3715-3830
ヤマサキ接骨院 153-0051 東京都目黒区上目黒5−13−4 03-3710-7279
深澤接骨院 152-0012 東京都目黒区洗足2−6−9 03-3793-2900
大岡山接骨院 152-0033 東京都目黒区大岡山1−6−6 03-3723-9390
タカバン整骨院 152-0004 東京都目黒区鷹番3−17−11 03-5725-3305
イルカ接骨院 152-0001 東京都目黒区中央町2−1−13 03-3715-5341
よつば接骨院 152-0031 東京都目黒区中根1−9−7 03-3724-7456
羽石接骨院 153-0065 東京都目黒区中町1−20−12 03-3713-2693
市來整骨院 153-0043 東京都目黒区東山3−5−12 03-3715-9040
喜島接骨院 152-0003 東京都目黒区碑文谷1−12−19 03-3792-0270
みずがき整骨院 152-0003 東京都目黒区碑文谷6−7−1 03-3710-7256
不動接骨院 152-0002 東京都目黒区目黒本町1−7−21 03-3710-1173
岡田接骨院 152-0002 東京都目黒区目黒本町3−1−8 03-3794-6620
五健整骨院 152-0002 東京都目黒区目黒本町4−25−5 03-3710-6851
首藤接骨院 152-0002 東京都目黒区目黒本町5−8−4 03-5722-0358
清宮整骨院 152-0002 東京都目黒区目黒本町6−12−11 03-3711-9241
山中整骨院 152-0034 東京都目黒区緑が丘2−5−1 03-3724-6661

■ 骨折

以下のような症状は「骨折」かどうかの判断の目安です。

骨折

骨折の一般的な症状
骨折の症状に限局性圧痛というものがあります。限局性圧痛とは、指で痛めた箇所を軽く押すと骨折部位に限局して圧迫痛を感じることをいいます。例えば、転んで手を突いた後に手首のあたりが痛くなったら手首の骨を押してみてください。その時に骨の上だけ強い痛みを感じたら骨折または不全骨折(ヒビ)の可能性があります。骨折により骨が曲がり強い腫脹(ハレ)が起こった時、その骨折部位を押すと「ギシギシ」「ボキボキ」といった軋轢音(あつれきおん)があり、骨折して割れた骨どうしがこすれて起こるもので骨折特有の症状でもあります。

■ 骨折の応急処置
骨折を起こしたまたは起こした疑いのある場合は、患部を布やひも、三角巾、タオル、包帯などで固定してください。また、あしや背骨、頭などの場合は、できるだけ患部を動かさないようにして搬送する方法を選択してください。そして速やかに専門の医療機関で治療を受けてください。

骨折を起こし、骨がずれて曲がってしまうことを転位(てんい)といいますが、このずれを矯正しないと曲がったまま骨がくっついてしまいます。こうなると見た目の悪さだけではなく、機能的にも障害を残すことになるので、必ず専門家による検査と整復(骨を矯正すること)を受けてください。

カウンタ

Copyright (C) 2007 深井整骨院 All Rights Reserved.

柔道整復師会