東京都柔道接骨師会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-11-6
東京都接骨師会館内
TEL 03-3815-0811 FAX 03-3815-1258

 
安心のマークです。東京都柔道接骨師会のシンボルマーク 社団法人 東京都柔道接骨師会(柔道整復師会)は、地域社会の接骨院・整骨院(ほねつぎ)の諸先生方が加入している公益法人です。骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのケガの手当てをするにあたり必要な療養費の申請業務や、東京都から委託を受けて資質向上のための講習会開催などの公益事業を行っています。また、都民の健康と安全を守るため防災(災害)協定の締結や各種救護活動を実施し、柔道の指導を通し青少年の健全な育成も行っております。
中野区支部
名称 住所 電話
江原接骨院 165-0023 東京都中野区江原町1−46−18 03-3998-6505
江原接骨院 165-0023 東京都中野区江原町1−46−18 03-3954-5788
河野接骨院 165-0022 東京都中野区江古田1−1−7 03-3565-0553
澤田接骨院 165-0022 東京都中野区江古田4−35−1 03-3228-7090
家政名倉堂鍼灸接骨院 165-0032 東京都中野区鷺宮1−16−8 03-3339-3517
阿部整骨院 165-0032 東京都中野区鷺宮4−1−13 03-3339-7756
成晃接骨院 165-0033 東京都中野区若宮3−40−8 03-3330-0366
久保田接骨院 165-0033 東京都中野区若宮3−58−23 03-3330-4059
本間接骨院 165-0034 東京都中野区大和町1−37−2 03-3330-0316
神名接骨院 164-0011 東京都中野区中央2−2−9 03-3366-1980
井口接骨院 164-0011 東京都中野区中央3−3−11 03-3227-0730
きたおか整骨院 164-0011 東京都中野区中央3−41−1 03-3381-2281
中村接骨院 164-0001 東京都中野区中野1−20−19 03-3369-4109
伊澤接骨院 164-0001 東京都中野区中野5−24−16 03-3387-7612
丸本整骨院 164-0003 東京都中野区東中野1−32−3 03-5389-0324
いのうえ接骨院 164-0003 東京都中野区東中野3−14−1 03-3363-9005
瀧澤接骨院 164-0012 東京都中野区本町5−6−6 03-5342-0763
あやめ接骨院 165-0027 東京都中野区野方3−25−8 03-5343-2255
佐藤接骨院 165-0027 東京都中野区野方5−34−1 03-3337-9666
松本接骨院 164-0013 東京都中野区弥生町1−30−12 03-3373-2397
浅見接骨院 164-0013 東京都中野区弥生町4−23−12 03-3381-6698

■ 頭部打撲による頭痛

打撲による頭痛

打撲による頭痛があるのはたいへん危険な状況と言えます。外傷は外科医などで手当てしてもらってください。「たいしたことはない」と本人は言っていても、頭部内部がどうなっているのか不明です。

頭痛がするほどの痛みを感じているならば安静に寝ていることも結構ですが、至急に総合病院で精密検査をお勧めします。CTスキャン、MRI検査、レントゲンなどで診てもらい専門医の生活指導を受けることをお勧めします。

■ 片頭痛

片頭痛

耐えがたい痛みが特徴の頭痛。頭の血管が拡がり、その周囲に炎症が起こって、痛みを引き起こしている。痛みが起こる原因は、群発頭痛に似ている。尚、ストレスやホルモンの変化などが引き金になる。体質的な要因もある。起こり方は、月に1〜2回、多い人で週に2〜3回、数時間から長い人で3日間続く。

■ 治療法
頭痛の引き金になる誘因を避ける。例えば、ストレスをためない。経口避妊薬やホルモン剤を避ける。アルコールやアイスクリームなど頭痛を誘発する飲食物を避ける。

■ 緊張型頭痛

緊張型頭痛

日本人に多い頭痛はこのタイプ。人間関係などの精神的なストレスや同じ姿勢で作業をするなどの身体的なストレスによって、神経や痛みを調整する脳の働きがうまくいかなくなって起こるとされている。男女を通じて中高年に多い。片頭痛と同じように体質的な要因が多くある。

■ 治療法
なにが自分のストレスになっているかを早く気づき、そのストレスを取り除くことが治療のポイント。長時間同じ姿勢でいないようにするなど、筋肉が硬くならぬよう心がけ、姿勢をコントロールする。

■ 群発頭痛

群発頭痛

耐えがたい痛みを特徴とする頭痛。頭の血管が拡がり、その周囲に炎症が起こって、痛みを引き起こしている。特徴も痛みが起こる原因も、片頭痛に似ている。若い女性に多い片頭痛の逆で、男性に多く、20〜30代から起こる。起こり方は、数か月に1回、群発して起こり、それぞれ1〜2時間続く。

■ 治療法
群発頭痛は、少しでも飲酒すると誘発されるため、頭痛の期間中は禁酒が絶対条件。また、ニトログリセリンなどの血管拡張薬が引き金になることがあるため、服用している場合は医師に相談すること。

カウンタ

Copyright (C) 2007 深井整骨院 All Rights Reserved.

柔道整復師会